引越し業者に壊された!?荷物の破損トラブル口コミ

%e5%a3%81%e5%82%b7

引越し業者に家具や荷物を壊されてしまった、家に傷を付けられたといった経験はありますか?
わざとではないにしろ大切な荷物や家に傷を付けられたり壊されたりするのは耐えられませんよね。

引越し時に多い破損トラブルを防ぐ方法はないのでしょうか。

まずは引越し業者に依頼して荷物の破損を経験をした人たちの口コミを見てみましょう!

引越し業者に壊された!?破損トラブル口コミ

年代 30代 性別 女性
利用業者 日本通運 利用料金 約¥250,000

階段のステップの先に家具が当たってしまい、割れてしまいました。事前に養生用のシートをちゃんと敷いて下さって、家具にもきちんとカバーのような布をかけて下さったのですが、螺旋階段のような造りで二階から降ろしにくく悪戦苦闘の末に当たってしまったようです。(階段の老朽化もあったかもしれませんが)ちゃんと養生して下さっていたのでまさかそんな事があるとは気付かず。

片付けの際に業者の方から申告があり保険手続きの方法について案内を受け、後日引越業者の手配した修繕業者が見積もりに来て工事内容を確認し修繕工事を発注。すべて業者任せで自分たちの苦労といえば引越しして新居には引越したものの、引越し前の家の大家さんと連絡を取って修繕工事の立ち合いなどをお願いしなければいけなかったのが面倒くさかったです。

年代 20代 性別 女性
利用業者 サカイ引越センター 利用料金 約¥80,000

トラック1台で足りるくらいの荷物の量で、ダンボールや布団を入れる袋を見積もりのときに頂きました。ダンボールに荷物を入れて割れ物を入れている箱には見やすいように大きな文字で「割れ物、上に物を乗せないでください」と書きました。
荷物を運んで新居に着いて荷物を降ろす際、割れ物と書いた箱の上に、普通に違う箱が乗っていました。

引越しが終わって1週間くらいかけて荷物の整理をした時に、割れ物の箱の中に入っていたおひつの蓋が欠けているのに気がつきました。しかし、引越しが終わってから1週間以上経っていたので言えず終いです。もっと早めに箱の整理をしていればと思いました。

年代 20代 性別 男性
利用業者 アート引越センター 利用料金 約¥80,000

複数の引越し業者から見積もりを取った結果『アート引越センターの8万円』が一番安かったので、お願いしたのですが実際引越し作業に来た人は「今日が初めてです」と言わんばかりの、ぎこちない作業をするバイトの人でした。

ただスピードだけを意識し速く作業をこなす事だけを考えていると言わざるを得ない、極端にいったら『雑』の一言でした。
作業を速くこなしてくれる事はとてもありがたいのですが、本当に大切にしていたギターを運ぶ際、階段で落としてしまったらしく「すみません。ギターを落として表面にひびが入ってしまいました」と言われ、絶句しました。わざとではないにしても作業内容を見ていたら「やっぱりやったな」という感じでした。

年代 40代 性別 女性
利用業者 ヤマトホームコンビニエンス 利用料金 約¥55,000

10年以上前になりますがクロネコヤマトの単身パック利用です。壊れていたのものは電子レンジです。親元に戻ったので自分の電化製品を使うこともなく押し入れにそのまましまっていました。
壊れているのに気づいたのは1年後ぐらいだったと思います。
自分できれいに緩衝材で包んでいたのですが、開けてみると前面ガラスにヒビが入っていて周りのアルミの本体にへこみもあり、平坦なところにまっすぐに立たない状態でした。
電源は入ったかもしれませんが、その電子レンジの姿を見ていられずにすぐ処分しました。そんなに使用していなかったのでものすごくショックでした。

しかし時間が経過しているし、どの時点で割れたか証明しようがないしなど色々考え、その当時は賠償があると知らずにただ忘れようと努力をしました。
今は保証料金などをかけるし、どんな小さなことでも言ってくださいという会社の取り組みがあるので言い易いと思います。

年代 40代 性別 女性
利用業者 近鉄運輸 利用料金 約¥45,000

結婚してしばらくの間はアパート住まいをしていたのですが、戸建ての家を購入したので引越す事になりました。
家の購入にかなりお金を使ったため、引越し費用はとにかく安くと思い色々問い合わせた結果一番安かった業者さんに頼みました。

余分なサービスはついておらず、荷物を運ぶだけのプランでした。引越し業者さんといえば若い筋骨たくましいお兄さん達だと思っていたら、当日来てくれたのは皆さん60代くらいの方で大丈夫かな?と少し不安でした。
なぜならうちの荷物の中にはとても大きな婚礼ダンスが2つあって、それをアパートの2階から降ろして新居の2階へ上げる予定でした。
なんとかすべての家具や荷物を下ろしてトラックで新居に運び、いよいよ大きな婚礼ダンスを入れる事に。

しかし階段からは上げられず、ロープを使って2階から引っ張りあげる事になりました。上から3人がかりで引っ張りあげてくれましたが、重さに耐えきれずなんとタンスが落下。
途中で持ちこたえたので地面に直撃はしませんでしたが引き出しが割れてしまいました。
結局その引き出しは業者さんが修理に出して後日帰ってきましたが、かなりハラハラの引越し体験でした。

年代 40代 性別 男性
利用業者 アート引越センター 利用料金 約¥52,000

ワンルームからワンルームへの単身引越しでした。
当日来たのはリーダーらしき中年男性1名と若い男性2名、計3名で午前中に作業は終わるとの事でした。
しかし引越し先のワンルームはエレベーターのない3階で階段は狭く、旋回する時若いスタッフが水屋を落としてしまったのです。養生の毛布は撒いていましたが、天板が破損して剥がれた状態になっていました。
どうもその若いスタッフはほとんど経験のない新人らしく、作業に入った時から怒鳴られっぱなしでした。
「すいません、粗相をしてしまいまして…」と中年リーダーから丁寧な謝罪があり、若いスタッフは顔面蒼白になって怯えているので「それなら捨てようかどうか迷っていたので別に良いですよ」と言ってそのまま作業を続けてもらいました。
本当に捨てようと思っていたのと、作業当初から若いスタッフへのあたりがきつく、気の毒に思ってしまったからです。弁償の申し出もうけましたが別に怒りも不満も感じないので断りました。高価なものや思い入れのあるものでなくて良かったと思います。

年代 20代 性別 男性
利用業者 アート引越センター 利用料金 約¥50,000

大雪の日、当時お付き合いしていた彼女と同棲するために頼んだ時の事です。
もう5年ほど使って古くなっていた洗濯機を落とされて破損した事がありました。洗濯機を破損させたのは若いお兄さんで、もう一人の年配の方から絞られるだろうな…と思いました。

アートさんの対応は丁寧ですぐに会社に連絡を取っていただき、私の彼女と一緒に電気屋まで新しい洗濯機を買いに行く事になりました。
正直、引越し代が洗濯機代でペイできたので少しお得な気分になりました。

年代 30代 性別 男性
利用業者 ヤマトホームコンビニエンス 利用料金 約¥300,000

ヤマトの引越しラクラクパック(現在は名前が違うかもしれない)で、おばさん4人位と男性2人から3人程度、午前中のみ、もしくは午後のみの半日未満で家の中にある荷物をすべて梱包して引越し先に持って行き、すべて引越し先の間取りに荷物を取り出し再配置してくれると言ったサービス。

東京から関西へ転勤。新居に着き荷物を点検すると40万円ほどする高級タンスに傷が。
この事を言うと、補修業者にて修理するとの事であったが、補修はパテ埋め+着色で元のタンスの色ときちっと同色にならず、明らかに傷がわかる補修の仕方。他に弁償するとか引越し代を負けるとかは一切なし。やられ損である。

年代 30代 性別 男性
利用業者 アート引越センター 利用料金 約¥80,000

破損まではいかないですが、テーブルに引越し前にはなかった引越し後に傷が出来てしまいました。非常に丁寧に養生してもらいましたが移動中の振動で傷がついてしまったようです。引越し業者が帰ってから気が付いたため業者に事情を説明したところ、修理の業者を呼んでいただき、無料修理を依頼することができました。

ただ、テーブルについた傷を完全に修復することは出来ないと修理業者の方に言われ、それでも傷が目立たないような修理をしていただき何とか傷が目立たないようになりましたが、数ヶ月も経つと修理したといっても表面をクリーニングしただけであったので、傷が再び現れてしまいました。

さすがに引越しから数ヶ月も経っているので業者には電話せずに今も傷はそのままになっているのが現状です。

年代 50代 性別 女性
利用業者 日本通運 利用料金 約¥320,000

荷物を搬入する際、ふすまをはずし、邪魔にならないように部屋の隅のほうに立てかけていました。
運び込んだ荷物は部屋の隅に積み上げてもらっていたのですが、業者さんが引き上げた後、荷解きをしようと思いダンボールを移動させた際にふすまの破損に気付きました。
荷物搬入前に室内チェックをした際にはふすまは綺麗だったのを確認していた為、すぐに業者に電話をしそのままを伝たところ、業者さんの対応は、大変申し訳なかったという事と、ふすまを張り替える代金は出しますと言う事でした。
こちらで張り替えに出し、代金は業者さんから建具屋さんに振り込まれました。

年代 30代 性別 男性
利用業者 ハトのマークの引越センター 利用料金 約¥150,000


他県への転勤辞令が出て、同時期に婚約をしていた私はこの機に同棲する事になり、2t箱トラで2人分の荷物を運んでもらいました。
ハトのマークの引越しセンターという聞きなれない業者でした。
茨城から千葉までの長距離移動だったので、引越し代は15万円ほどかかったそうです。もちろん全て会社持ちなので私達には一切費用は発生していません。

到着し荷物を各部屋へ運んで貰った時にブランデーが割れていて、更に妻の高かったと言う桐の箪笥に傷が付いていました。
箪笥の傷は後ほど業者にて手直しするという話でまとまりましたがブランデーは見逃しました。
後日、約束通り箪笥は専門業者が来てきちんと事後処理をしてくれました。
自分達でお金を払った訳ではないので、それ程サービスや対応について気にはなりませんでしたが、キビキビした動きでは無かったのは確かです。
自分達で頼むなら大手で名の知れた所にしたと思います。

より良い引越し業者選びが重要

皆さん色々と大切な物に傷を付けられたり、引越しでの破損は少なくないようですね。

大手引越し業者だからと言っても特に忙しい繁忙期にはアルバイトの採用が増えるので、慣れていない作業員が増えます。

ただでさえ忙しい時に慣れない作業員がいるからと言って悠長に教えながら作業する事はできませんよね。

スピード重視で作業を進めてもコツやテクニックを知らない新人の作業員ではトラブルを起こす可能性が高くなってしまいます。

また、中小引越し業者では規模が小さいため教育は行き届いているかもしれませんが、ベテランすぎて年齢が高くなんとなく不安に感じる人も少なくなりません。
もちろんアルバイトを雇っている中小引越し業者もあります。

中には傷や破損を隠して責任逃れしようとする引越し業者もいるので注意が必要です。
補償は3ヶ月までとしている引越し業者が多いので何かあったらズルズルと先延ばしにさせず、早めに対応してもらいましょう!

引越し中のトラブルに遭わないためには引越し業者選びが重要!!

だからと言って1社1社ご丁寧に自分から連絡をしていては時間も労力もかかりますよね。
引越し業者も1つや2つではないので、どこが良さそうな引越し業者なのかを探すところから始めなければなりません。

繁忙期ならそんな事をしている内に予約はうまってしまうし、引越し料金も足元を見られて高くなる可能性があります。

そんな時は24時間いつでも無料で引越し業者に見積もり依頼できる方法がオススメ。

一番安い引越し業者を見つける簡単な方法はこちら

引越し業者とのトラブルを少しでも防ぐために、安かろう悪かろうではない引越し業者を見つけてくださいね!